スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイパンスタイル、フィリピン風のおもてなし。


料理の自信がみなぎる後姿

 先週の話になるが、いつものように仕事帰りにベビーシッター宅に晃三郎を迎えに行きました。時間はいつもだいたい19時から19時半の時間帯です。この晩は、奥さんと娘さん、息子さんが晃三郎を連れてまだ外出中で、ダンナさん(アンボーさん)だけが家におりました。「まだおもてをブラブラしているから、上がれ」と自宅へ招いてくれました。するとそこからは、ホスピタリティ性の高いフィリピン人らしく、すっとビールが出て、一緒に乾杯、その後は「ちょっと待ってて」と言って外出、戻ると6缶をぶら下げて戻り、「はいっ」ともう1缶。その後はダラダラとしゃべりながら、すると今度は台所付近をがさがさし出すと、上の画像のように何か始めました。
 アンボーはタイ料理レストランで働く列記としたコックですが、8月の台風で未だに店が再開せず(現在オープンに向け改装中)、どういう訳か店の改装を手伝っています。このあたり、何でも(ほどほどに)出来るフィリピン人らしい、まあ、しなければ給料でないし、色々と事情もあるでしょう。間もなくオープンするようです。


いつもこんな感じでテレビをみるらしい

そうこうしていると、晃三郎を連れた奥さんたちが戻ってきました。晃三郎は、勝手知ったる家で私がいる事に少しびっくりですが、置いているおもちゃで遊びだしたり、テレビを見たり(我が家にはケーブルはありません)。あとは出来上がったつまみで進みます。


緑色のスライスがペッパーです。

出来上がった料理、タケノコと豚肉の炒め物ですがローカルペッパーと合わせて炒めてピリッとスパイシーなタイ風の炒め物で私は好きでした。あとはほろ酔いになり結局は妻に、仕事場から迎えに来てもらって、翌朝にランニングがてらに車を取りに来るという。私にはいつものパターンで帰宅しました。

子供達も娘さんがカレッジ、息子さんもハイスクールで大きい為に、晃三郎もかわいがってもらっています。「ブロー」と呼ばれております。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。