スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後

20151210121110486.jpg
この本をいつの読み返していた

情けない
怪我は腸脛靭帯炎と診断されて今は、歩くのとストレッチとアイシングの繰り返しです。本当は今頃は11月から継続して頑張っているはずだったのに・・・、今はこの本を読み返しています。この小出義男さんの「30キロ過ぎで1番早く走るマラソン」を元に今回のマラソンの練習をしてきました。私はもともとスロースタートなので、小出さんの推奨する後半型の走りには向いていました。



20151210121207088.jpg
26分できれいにそろっているんですが・・・


我慢、我慢で30キロまでそこから一気にスパートで追い抜くつもりでやってきましたが、足指すれ防止パッドが取れてしまって予想外に靴下の中を動き、あれがあんなに右足を痛くするとは想像もしませんでした。止って取りだせばよかったのかな・・・?
「初めての事はレースでするものではない」と勉強させられたレースでしたがそれが無ければ、ずっと5キロ26分で来ていましたが35キロ過ぎくらいからは5キロを22分から23分で行けるくらい(たぶん)の気持ちに余裕がありました。

30キロの壁と言うものがあまり感じなかった。
ただの通過点であり、思ったよりも苦しまずに通過できたのは予想外の大きな収穫で有り、今後もやればなんとかなるし、できると思いました。今までの我流ではただ走る、距離を走りこむだけで刺激を与えるとか、考えたこともありませんでした。

今は、この本を読みながらサイパンでも数少ないレースが12月から1月にかけて本番の4月サイパンマラソン前にあります。12月は出れないけれど、もし出たらこうするだの色々と考えながら、次回はサブ3.5を目標に読んでおります。
またこの本のお世話になるつもりですが、サブ3のメニューはあっても、3.5は無いのでどうすればよいかと・・・マラソンの強化書なるもの中にサブ3.5が出ているようなのでどう違う(サブ3と)のか興味もあります。又は、全く違う人のを参考に読んでみるか・・・何かおすすめってありますか?
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。