スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総評。

最終結果比較
ペース表とほぼ一定になっていてびっくりした。

今回のレースの結果を当初の予定ペース表と比較してみた。スタート地点の通過時間は3分59秒(4分)で当初の予想より2分早く通過できた。10キロまでは遅くなるであろうと予想していた通りに他のランナーからどんどん抜かれた(笑)でも、6分の遅れが4分に短くなっただけでもかなり自分自身は安心できた。30キロまでは何があっても我慢して最低5:30、上手くいって5:20で行こうと決めてあとは状態によって調整した。25キロを過ぎたあたりから右足の指にまいていたソルボバンのパットが靴下内を動き回り右足(裏側)が徐々に痛くなりだしてきた。自然とそれを左足でかばいながら走っていた為に35キロからのラストスパート前で左もも付け根が攣ったと思う。バランスを崩してあとは棒になったあしを何とか動かしながら走った。

折り返し前から28キロくらいまではほぼ平坦で、その後の起伏もあまり辛くはなかった。それは天候で雨は無い、風もない、特に寒くもない、もう1点は日本を走れるという気持ちと、沿道にこんなに人が出ている所を走ったことが無かったので気もtもうれしかった等、これらが私に味方してくれてあまりペースも落ちずに行けた思う。それ以外は40分おきにジェルをペース表の通りに投入、ペースは予定より常に10秒早く走ってみようと心掛け、時計はあまり見なかったが人に抜かされ始めると時計を見て、気が付くと自分の一番走りやすいタイムに落ちていることがよくあった。そうするとまたそこから上げるという感じだった。
脚の攣り以外はあまり辛いと感じることが少なかったのでペースも一定で行けたような気がする。ただラストの12キロは悔やまれる。あそこは気持ちよく最後の北浦和から新都心あたりを軽快に流したかった!

また日本を走りたいけれど、いつになるか飛行機もばかにならないし(今回はマイルですが)制約が多すぎますね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。