2012年10月

Happy Halloween



今日は島中がハロウィンだ。主役は子供達、街中でお菓子をくれてホテルやDFSでもくれる。光太郎は学校で街中をパレードしたりと毎年恒例の行事。



夕方からはアメリカンメモリアル公園でパーティがあって道路は渋滞、国立公園でこう言う事をしてくれる。やはりアメリカ、日本ではないかな?



いつも子供達をみてくれるナナイと孫のリアナを連れてエラのホテルで夕食をとった。
だんだん今年も終わっていく実感がしてきた。
スポンサーサイト

秋のリーグ戦初勝利!

IMG_4251.jpg
試合終了後に一部のチームメート達と

やった!やっと今シーズンの初勝利、それも4-2での勝利。前半に2点先制して、後半に追いつかれその後また追加点という相手は一部は前期まで同じチームメイトとしてプレーしていた若い10代の選手中心のチームだった。私は仕事の都合で前半途中から出場した。この勝利まで前回の勝利から長い道のりだった。

IMG_4253.jpg
子供達もエラと一緒に見に来ていた。遊んでいたようだけど

サッカーを再開して早2年になる。それと同時に始めたランニングも2年と言う事になる。ランニングからマラソンへは変わったけど走る基本は今でもサッカーの為である。10分も試合で動けなかった屈辱を打ち消したくて始めた。やはり技術の向上と体力アップは年齢的に望めない、サッカーを出来るだけ楽しみ、いかに体力技術を維持していくか、の一点のみです。

IMG_4255.jpg
これは一部だけであとの人も他のテーブルへ貸し切り状態だった

試合後は勝利の余韻もさめぬうちにこの試合で得点した(きれいなフリーキックを直接ゴールで)ジェリーさんの招待で夕食をみんなでご馳走になった。と言ってもうちのチーム+相手チーム+その身内+応援に来ていたシャーリーズ女子チーム等総勢50人以上はいたでしょう。確かに自分がオーナーのホテルではあるけど、本当にありがたいしチームの団結力が強くなるし、食後もまじめにサッカーの話なんかをして楽しい時間を過ごした。ちなみに私はディフェンスで得点はありませんでした(残念)

実は我がチームは11月にグアムへ遠征試合予定なんです。

サッカーな一日


ハーフタイムのミーティング

昨日の午後も子供達のサッカーへ行ってきた。相手は人数も多くて2チームも作れるチームだった。島の日本人の子供は、ほとんどそのうちの1チームに在籍している(なんでみんなそこなんだろう?)まあ、話は戻り昨日は開始早々にいきなり光太郎がドリブルで持ち込んで先制点を、その後に相手のファウルでPKになり、それも彼が得点して応援している父兄は「おっ!今日は初勝利か!?」ともしかしたら、選手よりも騒ぎ出してどんちゃん騒ぎ状態になってきた。前半は2-0で折り返し、正にこれは行けると誰しもが感じていたに違いない。

後半が始まり、残念な事に同点に追い付かれて結果は引き分けだった。初心者の子も多いけどみんな頑張っていたから勝たせてあげたかった。試合を見ていて例えば、相手をマークしたり、自分のポジションを理解している等は相手チームの方が数段上だった。これからしっかり教えてあげればいいと思うけど、タンホールディングU-8チームは少しお遊び的なところがあるように思った。どうせやるならしっかり教えてあげればいいと思うが、やっていく中で色々学んでいくのかもしれない。光太郎も交代なしでよく頑張ったと思う。しかし、毎試合得点されていると私の立場は全く無くなる。マズイ


10月26日のローカル紙

試合と前後して地元紙のサイパントリビューンに、北マリアナサッカー協会の今週の少年(少女)プレイヤーなるコラムに出ていました。取材の申し込みがあった時は11月2日の紙面に出るとの事だったので気にしていなかったんですが、さすがサイパンです。他の父兄から「光太郎が出ているぞ」ってに聞いて見た次第です。

詳細は下のサイトで見てみてください。

サイパントリビューン紙

何とかしないとな



宿題も早々に終わらせて、ぬり絵をやっている光太郎。で、上が何か始めれば必ず同じことを始める。この人。



でも、早く学校へ行きたい輝次郎。

10月20日の一日


朝に寝起きをつき合わせてドーナツ屋へ

気付けば10月に入り初めての更新でした。
家の中でも、仕事でも色々とあった月で私的には忙しい10月です。最近ではおとといから輝次郎が寝違えたのか右にしか首が回らなくなってまる一日右を向いたまま横になっていました。首に腫れものが出来て何しろ動かすと痛がって、かわいそうでした。光太郎も心配して色々と声をかけるそのかけ合いが面白いのですが、ここではうまく説明できません(すいません)ただ、嘘で窓越し親友のお隣の「コウキ」が来た!と言うと目だけ窓越しに動かし「どこ?」ってな感じで余計に痛々しかったです。

 今週に入りやっとサイパンも乾季らしい風が吹き出してきて急に爽やかな感じになってきました。それまでは本当にずっと雨、雨、雨でジメジメ、熱低が出来ては日本へ行っておりました。そんなんで走る事もあまりできていなかったのですが、少し朝は走ってきました。それでお腹が空いて光太郎を日本人補修校へ降ろしたとにドーナツ屋で、二人でお茶した訳です。


一番前の少し大きいのが光太郎

お昼はエラが薄いお肉でとんかつを作り、午後から2人のサッカーへついてゆきました。秋リーグの際中で光太郎のチーム、タンホールディングFC U-8は残念ながらまだ開始から1勝もしていません。昨日は親会社がDOCOMO PACIFIC(DOCOMOの現地会社)のチームと対戦でしたが5-1でした。相手は人数が足りなくて上のU-10を混ぜての混合チーム、うちの監督もそんなの認めるなって感じですが、案の定いい試合をしていましたが要所は決められてしまいます。
光太郎のチームは圧倒的にフィリピン人父兄が多くて陽気なんですが、さすがに負けるとはわかってても頭にきていて(こういう時のフィリピン人は怖いです)、完封負けかと思われた頃にやりました。左からドリブルで持ち込んで光太郎の意地のゴールで1点を返して終了。大勢が例の「ケタロー」「キタロー」おまけには「キンタロー」と(本人毎回「コウタロウ」って言ってるんですが)歓喜が上がり終了しました。みんな子供が小さい頃から同じチームでやっているので知っているからかわいがってくれるんです。みんな分かってます、メンツからすれば勝つのは困難だと思っていてもみんな心は一致して1勝してほしいと言う事です。光太郎も毎試合得点しているけど、僕は下手だからとか言う訳でやはり少しかわいそうだと思うけど、見ているとちゃんと他の子にパスしたり、時には注意したりと、あいつ頑張っているなって思います。それに比べて相変わらず父ちゃんはまだ無得点です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。