Kohjiro

頑張った成果。


全くに近いくらい読めなかった時を思えば・・・

何かと、大変な輝次郎が珍しく自慢げにこのようなものを見せてきました。読書をがんばったようで、その朝はステージで表彰されたと言っていました。頑張って続けてほしいものです。
スポンサーサイト

退院祝い。

20160313_162150.jpg

退院した日の午後、輝次郎のお通じもあまり良い状態ではなく欲に言う便秘気味なのです。これももしかしたら腹部膨張で痛いのかもしれず、運動をいう事でビーチロードを私と輝次郎と晃三郎、妻の4名位で炎天下の15時を2キロほど歩きました。

20160313_162258.jpg

運動後はおなかもすく、気持ちよく輝次郎の退院祝いをしました(笑)歩いた意味ないんですが。

20160313_162117.jpg

この様な快晴でした。右側の白い建物がレストランです。



無事に退院

20160313_065539.jpg
退院する日曜日の朝

急な腹痛と嘔吐で、緊急に連れて行ったのが金曜の深夜、盲腸の可能性ももなどと言われ入院となりましたがその後の容態は土曜は一日を寝ていましたがその晩にはお腹がすいたと言い始めて、男同士でいるのが窮屈だったのか妻が来たらとたんに甘えだしました。

20160312_120338.jpg
土曜日の昼(病院に来てから12時間後)

順序は逆ですが、やっとお腹に入れて良いと言われた後の「病院食」?です。スープ、ゼリー、アイスキャンディ、スプライト、オレンジジュース、ミルクという本当にいいの?的なものでしたが本人はスープとゼリーが美味しかったようです。この日の夜食はビーフとブロッコリー炒めとチャーハンでした。

20160312_172043.jpg

左右の病室を挟んで、私たちの病室のみケーブルが無くてテレビが見れません。看護婦さんの計らいで、仕切りのアコーディオンカーテンを開けて隣の部屋のTVを見ることが可能になりました。これだけでもかなりの時間つぶしになりました。

原因がはっきりしていないのがサイパン的ですが、盲腸ではないようです。が、島内で同じような症状の人も多いようです。もともとサイパンの人は免疫が低いと思います。が、外国から(寒いところから来る)観光客によって病原菌が運ばれてくるのも事実です。

退院が日曜日で、月曜日に社会科見学がありどうしても行きたがっていた彼はちゃんと参加できました。ちなみに、その見学先は同じ病院でした。(笑)


輝次郎、緊急入院。



昨晩、急にお腹が痛いと言い出して2時間は我慢してましたが、その後、病院へ連れていきました。吐いたりしながら、血液検査をしたり、結果、盲腸の疑いあり、又は、お腹の張りで縮便が凄いか、どちらかのようで、ただ今入院中です。

後者のような気が。

図書館へ。

Lib2.jpg

最初は4名だけでしたが

今日の朝、光太郎を日本語補習校へ送った後、輝次郎と図書館へ本を借りに行きました。私自身がここの国立図書館に入るのは初めての事でした。館内を一回りすると子供用に別部屋があり、本を読んでくれるプログラムがありました。 20160116154821197.jpg

簡単な工作でハトを作る

聞いていると、本の内容はアメリカの黒人牧師キング牧師の話で黒人と白人の差別問題から最後はそのような物は無くならなければならないという、ストーリーでした。あとで輝次郎に聞くとあまり分かってはいなかったです。その後、簡単な工作で紙で鳩を作りました。 平和の象徴と言う意味もあったようです。 Lib.jpg 私が図書館での会員証を作って戻ると、他の子供達は帰っていましたが彼は残って本を読んでいました。脇には高校生、または大学生くらいの女の子が教えてくれていました。 私は、黙って見たいました。なんとか読んでいましたが、後で聞くと彼女たちが以前の輝次郎の補習クラスを教えてくれていたので、よく知っていて教えてくれていたそうです。 輝次郎は今は日本語補習校には行っていません、それは、英語の補習が毎土曜に重なりそちらに行かなくてはならなかったからです。ただし、それも今はお休みなのでちょうど良い勉強場所が見つかりました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。